北海道 札幌市の公認会計士|営業時間:10:00~17:00 (土日祝休)|オンライン個別相談・個別コンサルティング

財務書類の作成の流れ・複式簿記と仕訳のルール

地方公会計の担当となったら理解しておきたい財務書類。
まずは前提知識として、その作成までの流れを中心に見ていきます。

目次

財務書類が作成されるまでの5ステップ

財務書類には、
①貸借対照表、②行政コスト計算書、③純資産変動計算書、④資金収支計算書
の4つがります。

複式簿記というツールを使うと、4つを同時に作成することができるわけです。
「なぜ同時に作成できるの?」については後で書きますが、
ここでは、全体的な流れを確認することにします。

STEP
取引

例えば、車を「買った」というアクションがこれにあたります。
売った場合も同じく。

”お金の出入りにつながるアクションは「取引」っていうんだ”
くらいの理解をとりあえずはもっておきましょう。

ちなみに、歳入歳出決算では、このお金の出入り(収入と支出)だけ記録するので「現金主義」と呼ばれてますが、
統一的な基準では「発生主義」。

つまり、お金の出入りのないアクションも「取引」に含まれます。
減価償却費という費用が代表例のひとつです。

STEP
仕訳帳

取引を記録すること=「仕訳」といいます。
仕訳の一覧が「仕訳帳」です。
(仕訳帳という名前自体はある意味どうでもいいですが・・・)

この仕訳。簿記を習ったことがあれば馴染みのあるものですが、
はじめての場合は「??」
(脱サラして会計士受験ではじめて勉強したわたしもそうでした)。

仕訳、つまり「記録する」決まり事(ルール)をある程度は覚えておく必要があります。
複式簿記とは、いわばこのルールのうちの1つです。

STEP
総勘定元帳

「総勘定元帳」は、仕訳を転記した帳簿です。

「勘定科目」という名前ごとに
・金額
・内容
を日付(4/1~3/31 出納整理期間まで)順に転記したものとイメージしておけばいいでしょう。

集計すれば作成することができるので、公会計システムのボタンクリックで自動的に作成できます
(Excelでもできなくはありませんが)。

STEP
合計残高試算表

総勘定元帳が「勘定科目」という名前ごとであったのに対し、
「合計残高試算表」は、すべての「勘定科目」を一覧にした集計表とイメージしておけばいいでしょう。

これも集計すれば作成することができるので、公会計システムのボタンクリックで自動的に作成できます
(Excelでもできなくはありませんが)。

STEP
財務書類

「財務書類」は、合計残高試算表を転記したものです。

財務書類には、①貸借対照表、②行政コスト計算書、③純資産変動計算書、④資金収支計算書
の4種類がありますが、「合計残高試算表」には①~④の情報が網羅されているので、転記するだけで作ることができます。

仕訳を集計して、転記した書類が財務書類なので、
結果として、4種類の書類を同時に作ることができるというわけです。

ただ、財務書類の様式は決められているため、この様式に転記しなければなりません。

仕訳のルール①(複式簿記 vs 単式簿記)

Step.2の仕訳の理解は、地方公会計(統一的な基準)のもとでは欠かせないものです。
ここでは、取引の事例をひとつあげ、仕訳についてみていくことにします。

事例:2021年5月20日に保守点検委託料100,000円を預金口座から支払った。
   なお、予算科目(節)13.委託料

官庁会計、つまり歳入歳出決算のもとでは、
・13.委託料 100,000円
と記録されます。
つまり、「保守点検の委託料に100,000円を支払った」ことがわかります。

いっぽうで、地方公会計(統一的な基準)のもとでは、
 (借方)PL物件費 100,000 (貸方)CF物件費支出 100,000 (摘要)令和3年度〇〇保守点検委託料として
と記録します。

この仕訳をことばに置き換えると
①保守点検の委託料として100,000円かかった(コストが発生)

②キャッシュで払った(預金が減った)

①が原因、②が結果をあらわします。

このように原因と結果の2つの側面をセットで表現することを「複式簿記」といいます。

いっぽうで官庁会計では、
「委託料100,000円」という1つの側面だけ表現するため「単式簿記」とよばれています。

仕訳のルール②(借方と貸方)

仕訳では「借方(かりかた)」と「貸方(かしかた)」という位置を示す名前があります。

             借 方             貸 方
勘定科目金額勘定科目金額
PL 物件費100,000CF 物件費支出100,000

借方は左側、貸方は右側です。

ひらがなで書くと
「かかた」→「り」は、左にはねるので左側。
「かかた」→「し」は、右にはねるので右側。
という覚え方がよく知られてはいますが、
面倒なので、丸暗記したほうが早いかもしれません。

仕訳のルール③(金額の符号)

金額の符号は必ず正(プラス)です。

仕訳をExcelで作成しているケースでは、まれにマイナスの値(「△100,000」とか「-100,000」)を見かけますが、
これはやってはいけません。

複式簿記では借方(左)と貸方(右)のどっちに書くかでプラスとマイナスを表現します。

仕訳のルール④(勘定科目)

「勘定科目」とは名前です。
財務書類の4つそれぞれで名前が決まっています。

歳入と歳出で予算科目(款・項・目・節)が決められているのと同じようなイメージです。

いろいろな名前があるので、つい「覚えなきゃ!」となりがちですが、仕訳に触れていく過程で自然と(嫌でも)覚えてしまうので、
覚えるという作業は必要ないでしょう。
それよりも
勘定科目名の左隣にある「PL」「CF」の意味を理解しておきたいところです。

PL:行政コスト計算書
CF:資金収支計算書

つまり、
「PL 物件費」の勘定科目は「行政コスト計算書」で使う勘定科目、
「CF 物件費支出」勘定科目は「資金収支計算書」で使う勘定科目
という訳です。

ちなみに、
「BS 事業用土地」→「貸借対照表」
「NW 税収等」→「純資産変動計算書」
です。

ここで一旦、区切ります。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる